鬼滅の刃から考察する鬼殺隊隊士の弔い方考察

鬼滅の刃から考察する鬼殺隊隊士の弔い方考察

日本映画史上最速で興行収入300億円を突破した映画鬼滅の刃無限列車篇。そして先日12月28日に、興行収入が、公開から73日間で324億円に達し、平成13年に公開された「千と千尋の神隠し」の316億円を抜いて、国内で上映された映画の歴代1位になったというニュースが日本中を駆け巡りました。えにしスタッフも単行本23巻まで読破し、映画も観に行きました。

さて、鬼滅の刃の舞台は大正時代。そしてエリア的には東京近郊を舞台にしている話で間違いないと考えます。(公式ファンブックだと、竈門炭治郎の家が大体東京府 奥多摩郡 雲取山付近と出ていますし、そのあとに少女が消える事件で炭治郎が向かった北西の街の場所というのが浅草近辺、ほとんどの隊士が東京府出身というところから。間違ってたらごめんなさい)

そうなると、たくさんの鬼殺隊員や一般の方々が命を落としてるわけなので、その弔い方が非常に気になるのです。本編でもお墓は出てきますがどう弔っているかまでは、大正コソコソ噂話にも出てきませんので、勝手に考察をしてみようと思います。

まず、大正時代近辺だと、告別式を行う文化が始まっています。また、東京や京都といった都市圏になってくると、伝染病防止の観点から、火葬も割と一般的(大体6割くらい)になります。
炭治郎が実家で家族を弔うシーンや鼓屋敷で殺された人たちを弔うシーンの時は炭治郎たちは土葬をしています。エリア的には山間部という事もあり、土葬も確かにあるかとは思います。しかし、それ以外都市部というか人が多い地域になると今の一般的なお墓が基本となります。映画最初あたりのお館様のシーンや、最終話で炭治郎たちが家に帰る前に墓参りしているシーンがありますが、大体今のお墓と同じ感じであります。

さて、じゃあ殺された隊士やそれこそ煉獄さんなど柱の方々はどう弔われたのか?ちょっと考えてみたいと思います。

まず、基本的には隠のみなさんたちがあれこれ手配をするかと思います。当時でも人夫をあれこれ手配するのは葬儀屋の役割でもあったので、まずは彼らが動いたのではないかと考えます。そして棺桶に関しては今の一般的な寝棺ではなく当時一般的だった座棺が使われたと考えられます。
座棺に遺体を収め、お寺もしくはお屋敷で告別式を行い(おそらく合同葬みたいな感じでしょうか)その後、火葬・収骨・埋葬というそれこそ現在と同じような流れで弔ったのではないかと思います。

大正あたりだと、それこそ「野辺の送り」みたいな葬列が描かれるかと思いますが、そもそも都市部だとそういう葬列を禁止される動きもあったし、鬼殺隊自体が政府非公認組織だったことも考えると、葬列は作ってやってはいなかったんだろうと考えるのが妥当かなと思います。

そう考えると、鬼滅の刃の中で隊士を弔うとどうなるかと考察すると、案外、現代の葬儀の形とほぼ変わらないのではないか?という考えに至りました。

もっと深い考察もできますが、今日はこのくらいで。

2021年も、えにしをよろしくお願いいたします。

寒さを我慢しない!冬の葬儀はタイツO K!

寒さを我慢しない!冬の葬儀はタイツO K!

今年も寒くなってきましたね。セレモニーホールえにしは、冬の間も施設内はしっかり暖かくしていますが、それでも外に出ればやはり寒さ対策はしっかりしたことに越したことはないと考えています。冷えは足元からとはよく言いますので、そういう意味でも男性・女性問わず、冷え対策はしっかりしたほうがいいです。寒い時期に葬儀に参列しました、そして風邪を引きましたっていうのは笑い事にもならないですからね。

さて、そこでよく話題になるのが、女性のストッキング・タイツ問題。よく葬儀のマナー講師やコンサルタントさん達は、「タイツN G、ストッキングで!なぜならフォーマルな場だから」という話をされます。

ですが、これ、明確なエビデンスはありません。そしてこの話は葬儀のシーンだけでなく、就活生の冬のリクルートスーツに合わせるストッキング問題でも同じ話がでます。

要するに、ここの話は「見た目の印象」というただ1点の話になります。よくマナー講師やコンサルタントさんたちは、基本30デニール、寒いところでも60デニールくらいが妥当という話をされます。見た目として黒の透け感が程よいからというところでの厚さなのでしょうが、実際はそれより上の80とか110デニールでも割と良いかと思います。もちろん、これは喪服とのバランスとの兼ね合いにもなってくるかと思います。厚すぎるタイツだと素材にもよりますが、トータルバランス的に合わないという事もありますので。

えにしのおすすめとしては、喪服×素材感&デニール数で見た目バランスが良ければ、タイツも全然O Kですよ!と考えています。もし他の方の目線が気になる場合は、パンツスーツもありです。これでしたら、どれだけ厚いタイツを着てもほぼ見えませんのでO Kだと考えます。要はバランスだと思います。そして、我慢しすぎず、ちゃんと平静な気持ちで最期のおみおくりができるのが一番だと思います。

最後にもう一度言います。

タイツはマナー違反でもなんでもありません!葬儀や法事に根性は不要です!

[プレスリリース]故人様と親しい方との最期の時間をゆっくりと過ごしていただける、1.5日葬プランをはじめました。

「お別れには、やっぱりもう少し余裕ある時間が欲しかった」「もっとゆっくり最期のお別れをしたかった」という声を受け、株式会社えにしは、1.5日葬という新たな価値のあるプランの提供を2020年11月より開始いたしました。

プレスリリースは、こちらからご確認ください。

地元辻堂の皆様に知って欲しいから、えにしは看板広告を新たに設置しました。

地元辻堂の皆様に知って欲しいから、えにしは看板広告を新たに設置しました。

家族葬のえにしが辻堂元町にホールを立ち上げてからというもの、現地の多くの方にその存在を知っていただいているなという実感が日ごとに増していっている事を実感してる日々をスタッフ一同感じながら日々を送っております。

その中で、葬儀にタクシーで移動される方もいらっしゃり、大半のタクシーの運転手さんは、「セレモニーホールえにし」と言っていただければ、「はい承知しました」と、サクサク弊社ホールへご案内いただけているのですが、やはりまだ全てのタクシーの運転手さんに知っていただいている状況ではないのが現状。ということは、一般のみなさまの中でも、えにしと言って、パッと移動できる方もまだまだ多くはないのかなと思い、新しい看板広告を地元エリアに掲出してみることにしました。

例えば、

西友辻堂店さん近く、国道134号線に向かうところにドンと設置してみました。

ちゃんと目立ちますよね。ご葬儀13万円(税別)からっていうの、インパクトありますよね。こちらは、また追ってご案内します。

先ほどの場所の反対側にも看板広告を付けました。
タクシーの運転手さんの中でも、まだ、えにしをご存知ない方もいらっしゃると思いますので、運転時に参考にしていただけたら幸いです。

遠くからみると、こんな感じになります。

いろいろ場所を考えていたのですが、やはり地元辻堂でも近くの方々に、しっかり、セレモニーホールえにしがあるという事をしっかり認知してもらいたいなというそういう思いがありました。なので、辻堂でも海側に焦点を絞って、皆様に知っていただけそうだなっていうような場所に看板を出してみました。

弊社の場合、葬儀屋さんではありますが、会社のイメージカラーが珍しくピンク色にしてありますので、見た目にも認知しやすいかなと思っています。(なぜ、コーポレートカラーをピンク色にしたかというのは、またの機会にお話します)

どうぞ、これからも、えにしをよろしくお願いいたします。

2020年の秋彼岸はどう過ごす?日程から過ごし方までまとめました。

2020年の秋彼岸はどう過ごす?日程から過ごし方までまとめました。

9月に入りましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。そして9月と言えば、お彼岸です。お彼岸には春と秋の2回あり、2020年は、彼岸入り9月19日(土)、秋分の日 9月22日(火・祝日)彼岸明け9月25日(金)のこの1週間はが秋彼岸となります。

今年は秋分の日が最終日で4連休という方も多いかと思いますので、家族で秋分の日をゆったり過ごされるのではないでしょうか?そもそもお彼岸というのは、日頃の自分を反省し、ご先祖に感謝し、何かよいことをしようという気持ちを持つ日です。詳しい事を書くと、

お彼岸の語源は、サンスクリット語の「パーラミター」(波羅蜜多)からきていて、「彼の岸に至る」という意味だそうです。煩悩や迷いのある「此岸(しがん)」から、悟りの世界である「彼岸(ひがん)」に到達する為の6つの修行をする期間といわれています。この修行の事を「六波羅蜜」といいます。

サンスクリット語から来ているので、日本以外でもお彼岸というのがあるかといえばそうではなく、日本独自のものだそうです。仏教伝来の前の太陽信仰や先祖崇拝という素朴な信仰も影響しているのではないでしょうか。

ちなみに六波羅蜜とは、

布施…見返りを求めず、分け与える事

持戒…戒律を守る事

忍辱…どんな辱めを受けても耐え忍ぶ事

精進…不断の努力をして、誠心誠意尽くす事

禅定…自分を冷静に見る事

智慧…上記5つを実行し、仏教の考えである中道を歩む事

と言われています。

日頃から出来るのであれば、すでに悟りの境地ですが、なかなかそうも行きません。なので、この六波羅蜜に合うような行動をすることでそれを修行としていくというのが、昨今のお彼岸の動きかと思います。例えば、

・仏壇仏具の手入れや清掃
・お墓参り
・おはぎやぼたもち等のお供物を用意する

こんなところでしょうか。

でも、年忌法要やお盆みたいにしっかり対応するとかではなく、普段ほったらかしにしておいた事にちょっと目を向けて少しだけ省みてみるっていうスタンスで、自宅でそっと手を合わせるだけでも良いかと思います。過ごしやすい季節になってきているかと思いますので、無理なくそれぞれの気持ちのままに過ごしていけばいいのではないかと思います。

さて、藤沢辻堂で最近人気の弊社、家族葬・一日葬のえにしですが、スタッフ全員が、こういった行事ごとにも詳しいので、相談ありましたら、いつでもお気軽にどうぞ。

藤沢・辻堂のお客様が急増中!えにしに家族葬や一日葬の事前相談が増えている理由

藤沢・辻堂のお客様が急増中!えにしに家族葬や一日葬の事前相談が増えている理由

全員1級葬祭ディレクターですが3名という少数精鋭で日々最期のお見送りのお手伝いをしている日々です。まだまだ暑いですね。

前回書いたポスト前後から実は葬儀の件数もそうですが、家族葬・一日葬に関するお問い合わせや事前相談が徐々に増えてまいりました。

そうすると、ちょっと今の事務所では手狭になってきたので、色々と整理をして、新たに打ち合わせスペースをこれから増設します。ありがたいです。

しかし、事前相談が増えるというのは、数年前まではあまり考えられない事でした。

当時はというと、葬儀の事前相談に対しての印象は、

・まだ生きているのに事前相談だなんて、不謹慎にも程がある!
・なんとなく、考えたくない。怖いし寂しいし嫌だ。
・当事者じゃない外野から変な目で見られたくない(意外と多いと思います)

というのが多かったと思います。

ですが、現実的な問題として「場所」「費用」「流れ」という葬儀における3大不安が絶対的についてまわってしまうので、結果的には先に考えるか後にまわすかどちらの方がより良い結果を生むのか?というそういう話になってきます。

例えば、事前相談をされる方は最近どういう方が多いかというと、あくまでも弊社の例ですが、

・自分の余命を宣告されていて、自分でちゃんと最期の始末をしたい。
・親のだいたいの命の期限がなんとなく宣告されていて、寂しいけれど前をちゃんとむいていくために動き始めたい。

・今はすごく元気だし本当に先々の事だけど、何があるかわからないから、先にいろいろ決めてすっきりしておきたい。

という方が多いです。

先日、あるお客様(50代後半)が仰っていた事も確かにと感じた事がありました。
「東日本大震災や各地での災害、新型コロナの件もあって、よく考えて見ると、自分が今元気でいるのは本当に薄氷を履むようなもので、いつどうなるかなんてわかったものじゃない。突然自分がこの世からいなくなるなんて事だってありえなくはない。そう考えると、家族にとってどうしてあげたらいいかと考えると、ある意味危機管理ではないけれど、備えとして自分の葬儀の事前相談をするというのは理にかなっている」
確かに、葬儀の事前相談というのは、そういう危機管理の側面も確かにあると発見させられました。確かに家庭内の危機には違いないし、備あれば憂いもなくなりますよね。

事前相談の時に一番よく聞かれる事は、
「費用はいくらかかるの?」
「どこまで人を呼べばいい?」

という事ですね。もちろん、2,000件以上の場数を踏んだプロ集団ですから、そこは的確にお答えいたしますし、最近だと、

「コロナ対策ってどうしたらいい?」
「リモートとかやった方がいい?」
というご相談も受けます。これらについても柔軟に受けています。

あとは、すごく細かな事ですが、宗教宗派はもちろんですが、地域によっても細かいところですが、気を配る部分もあります。そこは藤沢・茅ヶ崎など湘南エリア密着型の葬儀社・えにしですから(3人とも全員湘南エリアの住人です)そこはもう、うまく対応できます。

さてさて、まだまだ暑い季節は続きますが、頑張ってまいりましょう。

事前相談、お気軽にお問い合わせください。

費用を抑えるだけじゃない。株式会社えにしが家族葬・一日葬で品質にこだわる理由

費用を抑えるだけじゃない。株式会社えにしが家族葬・一日葬で品質にこだわる理由

藤沢・辻堂・茅ヶ崎などのエリアで、家族葬や一日葬を専門にした葬儀会社「えにし 」を立ち上げて、間も無く3年が経とうとしています。
だんだん、ご利用頂けるお客様も増えて参りまして、このご縁に日々感謝をしているところです。

そこで今日は、なぜこの湘南エリアに家族葬・一日葬を得意とする葬儀会社を立ち上げたのかをお話したいと思います。

[本当は、しっかりお見送りしたい。でも、費用が高い。]
日本消費者協会 2017年葬儀についてのアンケート調査によると、全国平均の葬儀費用は195万円と出ています。あくまでもアンケートなので、実際の現場感でいうと、130~140万円くらいが平均費用ではないかと思います。
ただ、最近だと核家族化という事や世帯年収も全国的に減少傾向になっている事もあり、葬儀となると、やはり負担は重いのは事実です。

もちろん、安くしようと思えば火葬式という手段もあります。弊社でも通常価格で18.9万円から火葬式を行っていますが、火葬式を選択されたご家族様や、事前相談をされたご家族様からお話を聞くと、「やはり、ちゃんとした葬儀をしてあげたかった」「費用は確かに抑えられたけど、後悔している」などの声が多く聞かれました。特に、ご予算に不安のあるお客様ほど「ちゃんと最期のお見送りをしたい」という気持ちが強いという事も感じ、どうすれば皆が予算の不安なく、ちゃんとしたお見送りができるのか?そう考えた結果、これまでの葬儀業界で当たり前だった事にメスを入れて、新たな商品を構築しよう!と考えました。

[品質は維持し、削るべきコストは削り、適正価格で。]
葬儀屋さんで費用が嵩む1番の原因は「人件費」です。だいたい1葬儀に対して平均5〜6人が動きます。人が動くということは、それだけ費用が嵩むのは自明の理です。そこで、えにしでは、人件費にメスを入れる事に着手。サービスの品質を損なう事なく、少人数で葬儀運営ができるように設計しました。
それ以外は、一切手も予算も抜いていません。例えば棺や葬送に関わる資材に関しては品質を落とさず、きちっとしたものを利用しています。1葬儀に対して、必ずなければならない物に対して、妥協せず準備する事によって、高品質でお値打ちな葬儀を提供できるようにしました。
なので、基本的なプランに対して「追加費用」は頂いていません。
追加費用が出る場合は、飲食代や香典返しを用意する場合くらいなものです。

あとは、どう葬儀をしていきたいか?という事を一緒に決めていくくらいなので、実は打ち合わせ時間も30分前後と、かなり短くできますし、納得感のある葬儀ができるのではないかと考えています。

えにしのスタッフは少数精鋭です。3名で運営していますが、全員1級葬祭ディレクターです。そして、一番経験が浅いスタッフでも業界歴10年以上のベテランで、だいたい平均して2,000件以上の大小葬儀を運営してきた実績を持つ葬儀のプロ集団です。
この圧倒的な場数や経験から、こういう事案であればこういうプランが良いとか、難しいお悩みに対して、どうご提案すれば良いか?など、多くの解決策を素早くご提示できる事が、えにしの大きな強みです。
実際、3名のスタッフは全員大手葬儀社で長年葬儀にたずさわってきたのですが、「オートメーションにどんどん葬儀を対処するのではなく、1つ1つの葬儀にこだわって、ちゃんと寄り添った葬儀を常にしたい」というそういう想いで、えにしに集い、今、みなさまの前に立っています。

実は、今回これを書こうと思った背景として、

[えにしのスタッフは全員1級葬祭ディレクター]

「安いのだけれど、本当にちゃんとしてるの?大丈夫?」
「安いのはいいけど、安いって不安なのですが?」

というようなお話がたくさんありましたので、
なぜ、えにしがこういう価格帯で葬儀ができるのか?品質もちゃんとしてるのか?というのを知ってもらいたかったというのがあります。

ちょっと相談をしてみたいという方、お気軽にご相談ください。事前相談もいつでも受付しています。

身元保証

株式会社えにしでは、「身元保証」「成年後見」等、老後の安心サポートを提供する「一般社団法人いきいきライフ協会」さんと提携しています。

現在、日本の65歳以上単身世帯は、500万世帯を超えると言われています。

「今の時代は、施設がたくさんあるから何とかなる。」と思っていても、手続きをとっていく中で、大きなハードルになるのが、「身元保証人」や「連帯保証人」だそうです。

身寄りが無い、親族との付き合いがない…となると、手続きが進まなくなる事もあるようです。

「一般社団法人いきいきライフ協会」さんでは、身元保証や成年後見の他に、信託口座での費用預託、認知症の対策と医療や介護の方針確認、ライフプランの作成、介護、医療、葬儀、供養等々。老後に見えてくる不安をまとめてサポートしてくれます。

「一般社団法人いきいきライフ協会」さんは、シニア向けリーガルサポートでは、国内トップクラスの「司法書士法人・行政書士法人オーシャン」さんのグループなので、任せて安心です。

その他にも、必要な事があれば合わせて相談できますし、しかも初回は無料相談からのスタートです。

自分の事、家族の事、親戚の事で、もし心当たりがある方は、一度相談してみて下さい。

パンフレットが「えにし」にも置いてありますので、ご入用の方はいつでも御来場下さい。

詳細は、一般社団法人いきいきライフ協会さんのホームページで。